哲学から演歌まで  

fmcfmc.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 31日

「マルチ」と「ノマド」の意外な関係性

 私はコンピューターのコの字も知らなかった1969年、ひょんなことから走りのコンピューターに関与することになった。旧財閥系の自動車ディーラーにいて、親会社新車発売元(自販といっていた)の営業戦略広告宣伝と連動した地域における販売促進企画・自社の営業活動支援業務、新車中古車の車両管理、支店営業所の売上入金管理、新車中古車の陸運局への登録業務、顧客別一車別損益管理、顧客別車両別ユーザー管理、自販への月次報告などの業務を一括でやるセクション(営業業務)にいた。
 その部門でハンドリングでの事務化改善をやった経緯から、「3社合同事務機械か委員会」(当時はコンピューター導入のワーキングチームをそう呼んでいた)の前述の営業にまつわる分科会のリーダーを務めた。同形態の兄弟会社が京都府と滋賀県に3社あったからだ。

 当時は大手製造業はコンビユーターを使っていたが、処理能力に限界があることから「単能機(シングル・ジョブマシン)」を使っていた。まだワイヤー・プログラムもあった。畳一畳ぐらいなバネルに、電気コードが蜘蛛の巣状に差し込まれたものだ。
 委員会への指導は、自販の計算管理室(今でいう情報システム開発・管理センター)のスタッフ。われわれがしどうを受けたのは、元陸軍中野学校出身・憲兵伍長だった。中野学校では暗号研究をやっていたから、戦後そんな人がコンピューター関係に流れたものと思われる。

 導入された機種は、本体がIBM360モデル20、メーンメモリー8Kで、カードヘース。周辺機器として5メガの磁気ディスク1機(60センチ高さ25センチぼどの器のなかに)

by kuritaro5431 | 2012-07-31 13:53


<< 「マルチ」と「ノマド」の意外な関係性      加藤登紀子のこよなき健全性 >>