哲学から演歌まで  

fmcfmc.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 29日

ライトノベルとお仕事小説は水と油

 4月12日の日経新聞・夕刊文化欄に「キャラクター小説の系譜」と題して、細谷正充氏が若い読者(メーンは10代)があまり関心をもたない「お仕事小説」と「経済小説」について述べていた。新しい傾向が芽生え出しているライトノベルのジヤンルについての話である。
 紹介されているいくつかの作品は、非現実感あふれるキャラクターと、このジャンルが得意とする異世界に誘うレトリックを使い「仕事のおもしろさ」を実感させ、ビジネスの世界へ誘い込んでゆく仕掛け。そこには、ビジネスを通して「商人の駆け引きや、商人の守るべき信義」がどの小説が書かれていると。それはライトノベルを進化させ、さらに多様化させ、新しいジャンルを獲得しはじめている現れといっている。

 10代の若者のみでなく、30歳にもなった男子の「仕事嫌い」「稼ぐことへの嫌悪」が広がっている。それは70%もの日本の若者が「今のままで幸せ」と答えていることとの裏返しとも取れる。
 働かなくても親からの仕送りで食えている。親にしてみれば、非道に走るよりはまし、と支援する。でもその親はいつまでも生きてはいない。そのとき彼らは50歳60歳になっているかも。その時期には日本の福祉財政は、完全に破綻している。

 働かないと銭は入らない。
 銭は卑しいものではない。
 稼ぎよう、使いようによって善にもなり、悪にもなる。

 祖先との絆をたもつのも、仏事には金がいる。
 子供の七五三の祝いにも金はいる。
 労働条件改善にも、金はいる。

 いかなる信義で稼いだ金か、いかにきれいに使った金か、それが江戸時代の日本人の銭に対する美意識であった。

 バブル経済崩壊後、金のかかる葬式や、墓地、祝い事、などの習慣は、縄文時代にはなかった。でも豊かな暮らしだった。生きている人間とも、死者ともテレパシー交信さえしていればいいと唱える人も増えてきた。確かにロマンを感じる話で一理あると思う。でも現代人は長く便利な生活に慣れ、テレパシー能力は特殊な人は別として、退化してしまっている。

 若者の多くは「次世代をになう若者! しっかりせい」といわれるのが「おせっかい」と聞こえるようだ。親の世代のように、楽に収入を得られる道筋は途絶えた。人並み以上にスキルを磨いて、成果を出した者だけがまともに生きられる。でも、しんどい思いまでしてスキルを磨く気にはなれない。

 幸せと思っているんだからほっといてくれ、おせっかいは止めてくれ、といってるみたいだ。

 その根は深い。その脱力感を高揚さすには、並大抵ではできないと思う。その一翼に挑戦する「新キャラクター小説」とてもたのもしい。
 
[PR]

by kuritaro5431 | 2012-04-29 10:07
2012年 04月 12日

電気のなかった暮らし (2)

 私がそのあばら屋に引っ越した日は秋晴れで、中国山地の連なった山に陽が映えていた。
 自転車で20kmの地道を登ってきて、県道から土橋を渡り、脇道に入ると急に農道は狭くなり、両側からなごりの夏草が自転車のスボークをさすった。
 藁屋根が視界に入ると、古木の柿の木に、色づいた柿の実がたわわだった。
 父が笑顔で迎えてくれ、母は、水場で米を研いでいた。私は、その翌週から、4km南にできた新制高校に転入し、自転車通学することになった。

 秋の夕暮れどきに、父が石油ランプの火屋を磨き、ぽっと灯を入れるころ、草刈り山の稜線の向うに暮れ残る空と、もう暮れている山陰があった。祖母は、五右衛門風呂の炊き口に、長い櫟の丸太を3本突っ込み、煙があちこちから漏れるのを見張りながら丸太の燃え加減をときおり調整している。
 竈は排煙が悪く、煮炊きはなんでも囲炉裏でやった。父が釣ってきたあまごも竹串に刺し囲炉裏端に立てて焼いた。軒下には、田植えごろ父が獲った蝮の白身と皮が別々の竹串に刺して干してある。もうすっかりカラカラになっている。白身は疲労回復に、皮はできものの吸い出しにしていたという。以前住んでいた人が作った一升瓶に焼酎漬けの蝮が有姿のまま3匹まるまっていた。この地では、どこの家でもつくる常備薬だったらしい、

 私たち4人の生活はそんなぐわいのなかにあった。便利なものはなに一つなかったが、まあまあ食べるものもあり、戦時下とは違う平和があった。
 そんなに話し合うこともなかったが、夕暮れどきはなんとなく至福な気分になれた。

 稲穂が頭を垂れだすころ、群雀が一斉に田んぼに降りてくる。はじめのうちは竹の鳴子を紐で引きならすと逃げていたが、稲刈り間近にもなると、逃げようともしない。そのころになるとあちこちで空砲を鳴らす音がする。太い孟宗竹の片方の節を残し、節に錐で穴をあけ、竹筒にカーバイトの欠片を入れ、水滴を垂らす。カーバイトがガスになったところ、竹の節の穴にマッチの火を近づけると、すさまじい爆発音がでる。あちこちで鳴り響いていた。そのたびに一斉に雀が飛び立つ。そんな騒がしさが一時期黄金色の田んぼの上を風のように流れる。

 河原の畑の薩摩芋畑を猪一家が狙いにくるのは、初秋だった。今夜はやってくるだろうと前から考えていたことを父と2人で実行した。
 猪の通り道はふた通りあった。一方の道筋には、汗臭い野良着を置き、一方の道筋の脇にある柿の木の上に足場を組み、蚊帳を張った。父方に15も年上の従兄がいて、猪猟をやっていた。その兄に16番口径の単筒の散弾銃を借り、獅子玉を込めて柿の木の上で待つ。やってくる猪を狙い撃ちしようというものだ。素人が当てることはできないまでも、脅しにはなろう。万に一つ当たりでもすれば儲けもの、とある夜待った。
 月が出ていた夜だった。
 今夜は出ないだろうと2時間近く待ったころ、ドドドッという地鳴りのような音がして、山際を駆け下りてくる黒い一団があった。先頭に父親、つづいて2.3頭の子猪、最後に母親で出ると聞いていた。
 今だ‼
 と父がいい、私は引き金を引いた。
 私は発砲の衝撃で柿の木から落ちるところだった。弾はどっちに飛んだかわからない。
 猪の一団はそのまま走り去り、その夜畑は荒らされていなかった。
 もうこりてこないだろうと、父はいっていたが、次の日の夜、すっかり攫われていた。

 そのほか、貧しいなかにもあれやこれや楽しかった想い出がいっぱいあった。もうその父が亡くなって32年になる。母は101歳まで生き、一人残っていた姉も、5年前に亡くなった。

 父は、あばら家の谷川で発電するといっていたが叶わず、晩年は私たち姉弟(きょうだい)が育った元の家に戻り、亡くなるずっーと前から、自分の葬儀のときの飾り物を自分で作り、式の手順から従兄たちの個人別役割表まで準備していた。
 父が亡くなった日はお盆で、私も姉も帰っていた。
 私は、父が書き残した通り葬儀を実行した。

 父の亡くなった昭和55年には、大平首相が急死。同年の衆参両議院選挙で自民党が圧勝した。

 今は、あばら家のあった敷地も、山田も、河原の畑もなくなって、谷川はコンクリートで固められ、工業団地が造成されかかったまま、放置されていた。
 ただ一つ、父と一緒に猪を待った柿の木が、昔のまま残っていた。
[PR]

by kuritaro5431 | 2012-04-12 12:07
2012年 04月 11日

電気のなかった暮らし (1)

 私は旧制中学1年のとき終戦を迎えている。父は岡山県東北部の村で国民学校(今の小学校)の校長をしおり、戦時中は生徒に軍国主義教育を先頭になってやっていた。終戦の年、定年までに2年ばかり猶予はあったが「教え子に申し開きができん」といって退職を決意した。
 その理由は他にもあった。その1つは、農地改革で父が親の遺産分けでもらっていた田畑が、耕作してもらっていた人に渡る。それでなくてもその日その日食べるものがなかっときだったから、その田畑のある地(父が生まれ育った鳥取との県境の村・西粟倉村)で自給自足の百姓をしようと決めたことだった。もう1つは、人間が人間に管理され、管理することの煩わしい教員生活から脱出し、中国山地にほど近い、自然豊かな地で父なりの回帰を試みたと、私はみていた。
 私や姉たちが育ち、両親と母方の祖母とが一緒に暮らした家は、父の里より20kmほど南、今の中国縦貫道作東 ICの近くにあった。母方の代々の地にあったその家はそのままにして、他の美作の僻地で教員をしていた姉以外、4人父の故郷で共に暮らすことになった。遺産の田畑は、田舎のなかでもさらに人里離れた山裾の5反(50a)ほどの山田と、1反ほどの畑たった。その脇に藁葺きの空き家があり、そこで暮らすことになった。一番近い家まででも200mはあった。電気はきておらず、明かりは石油ランプだけだった。

 父は下見してきた話をした。
 
 5年も住んでいない空き家は荒れていた。屋敷の裏は崖になり、その上に山田が連なっている。山田から滲みでる清い水が床の下を静かに流れ、井守がいた。表の入り口から土間に入ると、左側に足踏み式の石臼があり、右の板間に囲炉裏があった。家屋のなかに牛小屋を取り込んだスペースがあり、物置になっていた。
 井戸はなく、谷川から流れてくる水が家の前の葦原の湿地を抜け、畳半畳ほどの洗い場に溜っている。そこが一切の水場らしかった。
 風呂場と便所は別棟になっており、風呂は五右衛門風呂で釜はすべすべしていた。窓丈の戸板を開けると川向こうの草刈り山が見えた。汲み取り便所にも水が溜まり、短く刻んだ藁が一面に撒かれ浮いていた。
 間取りは、前に6畳二間、裏にも6畳二間あり、床の間には、天照皇大神の掛け軸が粗壁にかかったままだった。

 父は何か希望に満ちていたような記憶がある。それは、谷川の水を利用して小型発電器で電気を起こし、送電の柱を建て明かりぐらいは賄えるようにすると意気込んでいたから。
[PR]

by kuritaro5431 | 2012-04-11 21:59
2012年 04月 11日

地元に残るか 安全な地で暮らすか

 いまだに東北の人たちはこの選択に苦しんでいる。

 自然を相手とする仕事で食っている人が多いという東北。そんな生活のなかで辛抱強い人となった。金のことを考えなければこんな楽しい仕事はないという。でも安すぎる。漁師で年収250万円、農業で150万円。農業ほど割の悪い仕事はないと思うが楽しい仕事だ。伸びた双葉がポッと開く音に騙されて今日までやってきた。
 こんなに金にならない仕事なんかするもんか。
 地震の直後はもうこんなところに住むもんか、と思った。
 自然は厳しいけれどやさしいよ。そんな思いの人が多いのが東北。
 都会には都会のよさがあり、山にはやまのよさがある。農業の仕事、海の仕事、それぞれによさがある。それを選ぶのはその人その人でいい。

 とはいっているものの、みんな本音は豊かな東北に帰りたがっている。一番心配なのは子供たちの放射能被害である。過剰に心配することはないといわれても、原発から漏れる放射能は何年後にどれほどの被害を及ぼすものかわかりようがない。そのころには今の原発稼働推進者や、御用学者はもうだれもいなくなっているだろう。責任はだれもとりようがない時代になっている。そのために安全対策がほぼできる工程表はづっと先になっている。再稼働先にありきの民主党。自民党になったからとて同じことになることを東北の人も、大飯原発からの供給を受けている関西の人たちも知っている。
経験したことのないことだけに、親が子を心配する気持ちに戸のたてようがない。
 遠地で暮らすと決めた人にも夫であり父親が現地に残っての生活である。「がんばれ東北」「日本の絆」といわれるなか、確実に家族の絆は分断されている。


 多くの支援者、もの書きの人たちは、現地入りして地元の人たちの声を聞き、肌身で被災者の辛苦を感じて何かを発信しようとしている。
 だが私は、重くはなかったはずの脳梗塞の後遺症で足下がふらつき、遠出の出張も旅もこの方20年無理になっている。でも、3.11にまつわる情報をいくら書きとめ録画しても、切り抜いても、現場の匂いはしてこない。どこかでだれかが加工したもの特有のうさんくささをもっている。現場に立っていない己の脆さを感じずにはいられない。
 といっても、だれかいってたように、見ず知らずのものが支援者面してボッと2.3日訪れ、話を聞いたからとてなにがわかるもんか。瀬戸内寂聴さんや五木寛之さんなんかずっと以前から東北の人たちとの親交があり、現地の人から心底信用されているからほんとのことを話すんだよ、と。
 確かに、私もそう思う。もし現地を訪れたとしても、悲惨な風景は、テレビ映像とぜんぜん違うと思うだろう。また、同じ東北でも場所によって悲惨の度合いも、質も違うはず。まして、一人ひとり違う被災者の心の内は分かるまい。むしろ表面の現地を見聞きした印象に囚われて間違った思い込みでもするのが落ちと思うことにした。
 
 私は私のできる状況下で、私でできる行為をし「無為の加担」者にだけはなるまいとおもっているいる。
[PR]

by kuritaro5431 | 2012-04-11 16:05
2012年 04月 05日

どの人がほんとのことをいったかいずれわかる

 インターネットの@ウイキで、原発推進識者・学者、反原発学者知名人、御用学者などに分類したリストを詳細に掲載している。今現在はということであろうが、私の感触からしても、違うんではないの、と思えるふしはあるが、自信もっていえる柄ではない。
 現在はこの分類リストを50:50の情報と見立てて、年月の経過のなかでこの人たちの言動で自ずと評価は決まることにしたい。そのためにもこのリストはプリントしてそのときがくるまで保存することにした。

 その分類別リストとは、
「反原発ではないがまともそう」
  ※そのなかでETV特集の途中から放射能マッチョと懸念されはじめた人
「反原発学者リスト」
  学者、研究者、
「反原発文化人リスト」
  ジャーナリスト、文化人、弁護士、経済人、政治家、官僚、芸能人、
「原発関連御用学者リスト」
  東大、東工大、大阪大、その他大学、原子力業界、海外、
  ※医学関係、放射線関係、
「原発関係御用文化人リスト」
  ジャーナリスト、キャスター、司会者、アナウンサー、俳優、タレント、声優、スホーツ選手、漫画家、歌手、教授、その他、
「AC・原発関連御用文化人リスト」
  ※ACの目的は、原発推進のための国民洗脳の有事(3.11の事故など)の報道規制
  理事、監事、顧問、相談役、ACジャパン、および「広報学会」の役員等
「無知っぽい学者・文化人」
「左翼嫌い」

 他に、同@ウイキで、政治家、官僚、元官僚、経済人の原発に対すする指向性が書かれたものあり。
 また、政党別原子力政策、および原発推進派の政治家の様子も──
 また、「現在判断保留の人たち」「トンデモ系」の人たちの様子も──
 
 メデア系リストとして「御用メデイア」「御用でないメディア」「トンデモメディア」「グレー」「女性雑誌」「ラジオ系」がある。

 その他として、
「原子力村」
「東電とマスコミ」
「エア御用な人々」不十分な知識で、科学の外側からリスクを無視し、安全を不適切に強調する人。
  
[PR]

by kuritaro5431 | 2012-04-05 16:58
2012年 04月 01日

どの情報もあてにならない

 多くの国民が今思っていることは、このことにつきるのではないだろうか。
 おおかたの国民はテレビの情報か、新聞の情報から受けるものが大きな比重を占めているはずである。テレビにしても、新聞にしても、局・社によって情報の扱いが微妙に違っている。
 エネルギー問題、原子力発電問題、3.11の復興支援問題、TTP問題、消費税増税問題、財政赤字対策問題、円高問題、デフレ対策問題、社会保障問題、社会福祉問題、格差社会問題、老齢者対策問題、医療問題、学校教育問題、失業者対策問題、金融政策問題、防衛問題、国境問題、拉致被害者救済問題、憲法改正問題、国会機能正常化問題、選挙制度改正問題、検察と国家権力の問題などなどパット思いつくだけでも、政治課題としてこれだけの難問がわれわれの生活にのしかかっている。
 これら1つ1つの政治課題は、その背後に、また内容にそれぞれ複雑な中小の課題が存在し、各党の政策には、つねにだれがという政局が絡んでいる。
 さらに1つ1つの政治課題は、推進・反対という対の対立軸ではなく、さまざまな政治課題が関連し合い、絡み合い、しかも白黒明確なものではなく、推進にせよ、反対にせよ、白から黒への中間に、玉虫色のグレーゾーンが何層にも立体的に存在している。

 原子力発電問題1つ取り上げても、東京電力にしてみれば、元々国家戦略でやらされた原子力発電事業で、建設着手から今日まで、国民に放射能不安をもたらさないために、どれほどの安全・安心に配慮してきたことか。科学的・技術的安全性はもとより、地元住民への配慮として、自治体への寄付、住民1戸当たりへの多額な資金供与を行ってきた。
 他方、東京大学を中心とした一部の原子力専門の学者の協力および原発安全神話のお墨付けを得るため、研究費という多額の資金支援もしてきた。(このことは東大内部でも問題になっていると週刊誌は特集を組んでいた)
 それらの体制を一層強固なものにするために、経産省傘下に原子力保安院を配置し、東京電力には経産省より多くの天下りを送り、また、マスメディアの各局・各社および評論家・コメンテーターにも、原子力発電の安全神話啓蒙の一翼を担わせ、さらに東京電力に有利な報道を誘導すべく、多額の資金が流されたと、週刊誌やインターネットは報じている。
 
 現在東京電力においても、原子力発電施設定期点検と重なって原子力発電の稼働が一斉に停止している。夏に向けての電力不足必至となる。それにイラン情勢絡みでの原油の高騰。という理由で国民の感情を逆撫でする一方的値上げ宣言。怒りは各地で高まっている。経営の合理化策もまともに行わず、東電社長は、電力の安定供給義務の見返りに、値上げの権限があると会見でいい切った。まさに国民は激しく公憤している。
 3.11以降電力会社の独占事業振りは各方面で問題として提起されるようになり、発送電分離による競争原理の実質的導入なくして電気料金の正常な価額は得られないというもの。

 他の先進国のほとんどは、発送電事業分離されており、独占的事業者は存在していない。なぜなら発電事業者が勝手に料金設定するからである。なんでもかんでもの経費を原価に入れる総原価方式、これが日本の電力会社の方式である。これに利益を積み、利益不足となれば一方的に値上げする。使用者からは税金並みの権力で徴収し、支払いが滞れば供給を止める。

 3.11以降経産省は、東電を悪者にして、政府の責任逃れをする会見もしてきたが、国民は、東電と政府の癒着の深さを知るようになってきた。
 その理由として、インターネット情報、週刊誌情報。さらに、東電側に立った報道ばかりやると、新聞の購読部数、テレビの視聴率が下がる。また噂によると東電からのマスコミへのバラマキがなくなったからともいわれている。

 それでも、潮流としては、原発に頼らないエネルギー政策にすすむであろう。としても、一挙に廃止することのできない理由が、東電にも、現地の自治体にもある。内閣府に位置づけられた原子力安全委員会にしても、委員会設立の中立的立場での勧告権限も、自ら放棄したような発言をする。

 マスコミ各社は東電叩きをまことしやかに報道しながら、裏ではどうなっているのか国民は信じてはいない。
 東電再建の追加融資と引き替えに、国の議決権強化の要請を経産省はするも東電は聞き入れようとしない。表向きは綱引き状態に見えるものの、背後の財務省は、議決権を強化すれば、実質国有化となり、原発事故賠償責任が国の負担になると反対しているもよう。それを見越しての東電の対応か。

 政府は東電の再建計画に、トップ人事の刷新を民間からと要請するも実力ある企業家は、誰一人受ける人はいない。それならばしかたがないと続投を待っているとか。

 野田総理がなりふり構わず消費増税法案を国会で通そうとやっきになっているのも、税の使凃を明らかにしない理由として、原発事故賠償に当てるつもりではないかと国民は疑っている。また、アメリカの防衛政策の一環と連動した原子力政策という情報もある。

 このように、原発問題1つについても、不確実な情報が飛び交い、テレビ解説者の解説が一層国民の思考を混乱させている。なかには、混乱を意図した解説情報さえあるように思える。

 放射性物質の種類別人体への危険性にしても、専門家においてすら見解が違い、本当のことが分からない。コントロールされていることは事実のようである。
 どこかで得をする人、損をする人という格差は、今回も拡大した。
 特に放射能被害は、後々の人間の命に関わることなので、正確な情報を政府が公開することが国民の信頼を得る唯一の方法であるに違いない。

 いずれにせよ、政治・政局に絡む情報は、幾重ものレトリックに塗りたくられたものである。
 複雑になってきたからとて、国民の関心が薄らげば、中央は勝手なことをやることになるのはどこの国でも同じである。関心を持ち続けることこそ一番大切なことであろう。
[PR]

by kuritaro5431 | 2012-04-01 09:08