哲学から演歌まで  

fmcfmc.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 30日

弁証法 その3

 学生時代に出会った弁証法を使いこなせたお陰で、長いサラリーマン時代を企画スタッフとして生き延びられた。 仕事に弁証法を使う必要がなくなり、76歳になった今、弁証法を振り返ってみようと試みた。

 1. 弁証法の五段階(内容は、弁証法その1に)
 2. 「前方の旅」と「後方の旅」の間に、論理的空洞がある。
    ・前方の旅とは、現実からスタートし、下から上へ上昇する過程。
    ・後方の旅とは、前方の旅を終えて次の旅としての後方の旅に移る。
     その時、論理的空洞が生じる。それをフェティシズムという。
 3. ヘーゲルは、前方の旅が終わった後、神に至る。
   マルクスは、前方の旅が終わった後、現実に戻る。

 「なぜヘーゲルとマルクスは違ったのですか」と、当日梯先生の講義のなかで私は質問した。すると先生は、「それはパーソナリティの違いだよ」といわれた。

 この3つについては、確かな記憶として信じて今日までやってきた。
 ところが、この年になって、確かだったかどうか不安になって確認しておく必要があると思いはじめ、いろいろの書籍をたぐってみた。
 あやふやなところ、理解していないところが多々現われた。
 さて、どうして調べるか。大学の図書館、古書店回り、アマゾンで見ると、梯先生の本はあるにはあったが、知りたい内容が載っているかどうかわからない。周波数の合いそうな上山春平先生に手紙で尋ねる。など思案していたが、立命館大学の哲学科に梯先生の流れをくみ、回答してくれる人がいるかも知れないと思い、大学のホームページを開いてみた。すると哲学研究会というサークルらしきものがあり、そこ宛質問の手紙を出してみることにした。多分、今どきマルクス経済哲学をやる人などいまい、それに梯先生はとっくに亡くなられていることだし。手紙には「できればご返事いたたけたら」と書いた。

 するとしばらくして、立命館大学哲学専攻教授・服部健二という先生から丁寧な回答の手紙がきた。 現在はドイツ観念論、京都学派やフランクフルト学派などを教えているとあった。
 しかも、1971年から6年間梯先生の講義を受け、影響受けた者の一人です。そういう専攻教員は私一人です、とあった。

 そしてことわりがあった。記憶されている内容の文脈がわかりかねるところもあり、はたして質問に書かれた通りのことを梯先生がいわれたかどうか曖昧さを感じますと。
 でも、質問の一つ一つについて説明、解釈が丁寧に書かれており、感謝した。

 1. マルクス弁証法について
   
  五段階というのは、マルクス自身がいったことではなく、もともとはヘーゲルの言葉です。弁証法は、三段階説が普通ですが、梯先生はその説をヘーゲル自身の論理用語を使って、マルクス弁証法を解釈されたのだと思います。

 2. 前方の旅と後方の旅

  梯先生の著書『資本論への私の歩み』が復刊されたので、詳しくはそちらを参照くださいとあった。
  そして2つの旅を解説したチャートのコピーが同封してあった。
  2の質問のなかの「論理的空洞」というのはわかりません。また「論理的空洞」が「フェティシズム」というのもわかりかねます。「物神性論」は、価値形態論にでてきますから、多分その意味でしょう。価値自体が抽象的人間労働であるのに、それがそうとは現われないで、あたかもその商品の自然的性質それ自体が価値をもっているかのように現われてしまうことです。

 3. パーソナリティ

   どういう体系を選ぶかは、哲学者の性格によるということはよくいわれることです。

 以上は服部先生の手紙の要点のみですが、本文では、A4・2枚半に詳しく述べられていました。

 となると、私は随分勝手な思い込みを何十年もしてきていたことになるが「弁証法」と「バーソナリティ」については、さほど解釈はずれでなかったことに少し安堵した。

 服部先生の紹介くださった梯先生の『資本論への私の歩み』と、服部先生著の『西田哲学と左派の人たち』を読んでみようと出版社に早速注文した。
 服部先生の文章は格調高く、哲学者らしいアカデミックなものだった。
 それに比べ、私から出したお礼の手紙の内容は、断片的知識を集積し、自己流に体系化し、ネットワーク化、ストーリー化、ステップ化して実用化しようとした俗なものでしたと結んだ。









  
[PR]

by kuritaro5431 | 2009-05-30 16:52
2009年 05月 06日

阿頼耶識 あらやしき

 15年ほど前に、NHKの教育テレビで、フロイトの深層心理と、唯識(ゆいしき)仏教の深層心理が、よく似ていると図表で比較した解説があった。
 唯識仏教では、人間の心の構造として、表層心理に「眼識」「耳識」「鼻識」「舌識」「身識」「意識」の六識がある。その奥に、深層心理として「末那識(まなしき)」さらにその奥に自己根源体としての「阿頼耶識」があると。
 フロイトの心の構造としては、表層心理は同じで、深層心理では「末那識=自我意識」止まりだった。もう一つ奥の「阿頼耶識」に相当する深層心理はなかったと記憶している。
 欧米で一番奥にある深層心理は、自我意識といわれていることがこの説からも伺えた。

 その後「阿頼耶識」という認識が日本の仏教思想にあったことに強い関心を持つようになった。

 今まで書いたこのブログのなかで何回か「阿頼耶識」という言葉を使ったが、欧米的な知識が主流の現代の日本人にはなじめなかったのではなかろうか。
 自我意識のその奥に「阿頼耶識」という純粋内識の東洋的世界があることに私はすごく共鳴し、もう少し考えてみることにする。

 「阿頼耶識」とは、実はそれ自体、その人の自己根源体である。
 自己根源体は、蔵のような住処のなかにいる。何代も何代も連なったDNAが混じりあって、現在の自己根源体となっている。
 蔵には外界とつながる小さな出入り口があり、そこからこの世に生まれた後、現在に至るまでの刺激が刹那に連続して入ってきている。それは一日八万回もの情報(画像、言語、音、光などの)が収録されるといわれ、とどまることなく根源体は流転している。善の刺激を受ければ善に燻習(くんじゅう)し、悪の刺激を受ければ、悪に燻習する。無意識の深層世界で互いに影響されながら種子(しゅうじ)としての「力」「能力」となって「自己を生み出す特殊な力」となる。そして時に表層に現われる。

 欧米においては「自我の確立」を最高次元とするが、東洋思想、ことに仏教においては「自我の超越」こそ最高次元とされている。
 唯識仏教においては「阿頼耶識」の世界で「自我を超越」する。


 フロイト(1856-1939)心理学者
 唯識仏教=紀元後3.4世紀ごろインドで興る. 日本でも仏教の基礎学問として学ばれている. 法相宗.
f0200527_16272035.jpg
f0200527_16402249.jpg
f0200527_16425243.jpg
[PR]

by kuritaro5431 | 2009-05-06 15:20
2009年 05月 05日

日本刀との出会い

 自己実現を果たすには、自分の弱さを克服して、目指す目標に向かってパワーを継続しなければならない。
 私にはそれが中学時代からできなかった。ある時期とても興味の湧くテーマが現われると、しばらくそれに没頭し、酔いが覚めると他の興味に関心が移る。
 友人との議論にしばらく勝ち続けていると思うと、ある時期から負けるようになる。
 あるとき、それは躁の心の時期と、鬱の心の時期が交互にやってきていると気づいた。躁の時期はなにをやってもうまくゆく、友人関係とも仲良く楽しくやれたし、議論も前向きに活発にやれた。
 ところがなんの予兆もなく、鬱の時期がやってくる。鬱を抑えるコントロール法を自分なりにいろいろ考えたがどれもうまくゆかない。自己のモチベーションと大いに関係があるので、これだけはコントロール法を見つけたかった。
 関係ない話と思っても、恐山のシャマニズムが糸口を与えてくれるかとおもったり、「眼には眼を」という映画で、1本しか残ってないコーラーの瓶を女が復讐のため吊り橋から落とすシーンは「自分の弱さを切断する」非情な感覚として受いれようとした。
 だが、それらの試みはみな空転した。

 大学の2回生の時だったか、いやもっと後だったかもしれない。友人と東京に旅をする機会があった。銀座を歩いていたら百貨店の店先に「日本刀剣展」の看板がでていた。もしや悩み解決の手掛かりがつかめるかもしれないと思い、友人と別れ会場に入ってみることにした。
 その会場は博物館の移転とやらで、臨時の展示会場だった。私ですら知っている国宝の名刀が数々並べられ、度肝を抜かれた。一番に目に飛び込んできたのが「虎徹=こてつ」だった。四つ胴切り落としと「金の象嵌」の入った巾広の刃渡りの短い刀だった。ガラスケースのなかの立て札に、罪人の胴を四つ重ねて一度に切った刀とあった。正宗やら兼元やら名刀が並び、私はその会場に3時間もいた。二つ胴、三胴切り落としの象嵌の入った刀に見入った。
 自分の弱さを切り落とせる刃物はこれだとやっと巡り会えた。
 剃刀では刃こぼれする。牛刀では細部の細工ができない。それに日本刀には日本人のアイデンティティと美意識が込められていてうれしかった。

 それからというものは、日本刀にのめり込み、刀剣展があるごとに見て回り、関連の本を買い漁り、現代の科学においても古刀(鎌倉時代初期以前)の切れ味は再現できないことを知った。その理由は、刀作りの原料となる砂鉄と蹈鞴(たたら、当時の溶鉱炉)にあり、硫黄と燐とマンガンの極度に少ない鉄にあった。それは現代では作れないと。
 古刀と新刀(鎌倉後期以降)の工法は違っていた。古刀も新刀も、各地にいくつもの流派を形成していた。それぞれが刀身の地肌、波紋は、直刃、互の目乱、怒濤乱、など独特の美しさを醸し出していた。
 また、それぞれの刀には、伝説、物語などがあり、謡曲、歌舞伎、にも取り入れられていた。
 伝統の美学をもち、非情な切れ味を備え、鬱期の自己の弱さを切断するのにこれ以上納得のゆくものはなかった。
 自分の弱さに非情と思えるほどの叱咤をかけ、地ならしをした。やがて鬱と躁との落差は縮まった。
[PR]

by kuritaro5431 | 2009-05-05 10:05
2009年 05月 02日

自主自立してゆくしかない時代

 バブル景気がはじけて、従来の日本的経営ではもたなくなった。ホワイトカラーの生産性の低さがアメリカと比較して問題視され、その原因は一生会社がめんどうをみてくれるという甘えと、自立性のなさ、会社頼りの社員意識、それなのに右肩上がりの業績が維持されてきたが、バブル崩壊を機に日本的経営の変革はやむなく迫られた。
 書店では「個力の強化」とか「個を生かす経営」とかの本が沢山並んだ。
 仕事を「組織」でする時代から「個力」で仕事をする時代への移行とみんな唱えた。個人個人のノウハウをもって給与または収入を稼いで行く。それは、終身雇用制度の実質的崩壊と、成果主義人事制度の導入へと各社は急ぎ、関連会社への転籍、それも効果があがらいと、早期退職などの人員削減を励行した。
 そのとき初めて、実感を持って、社員の多くは、日本的経営の崩壊を知った。転職先のなさ、給与の低さ、転職先(おもに中小企業)に通用しない仕事のノウハウ。仕事のやり方。
 自己の根底になければならない「自己アイデンテイテイ=他人が代行できない自分」のなさ。そのモチベーションをもって、自己自身の力で形成する稼げるビジネスノウハウづくり。それを築くのにどれだけの努力をさいてきたか、その結果が再雇用先の魅力をさそうはず。でも再就職先はおいそれとなかった。

 各企業は自主自立を促し、再雇用促進に全力を挙げた。でもその結果は失敗した。その後彼らはどうなったのか、ケース・バイ・ケースでニュースからも消えた。積極的個人はケース・バイ・ケースで1/3は再起しただろうか。
 コンサルティング会社も彼等を救うブログラムを開発し「新規事業立ち上げ勉強会」「ベンチャーへの挑戦」などやっていた。

 私は、トータル支援のプログラムにおいても、単独プログラムにおいても、「パーソナル・アイデンティティ=PI=自己存在確立の確認」が欠かせないものに思えていた。

 ここでいう、自己存在の確立とは、次の表で現わしたものである。
f0200527_17275168.jpg
f0200527_17285596.jpgf0200527_1730183.jpgf0200527_1731638.jpg

 
[PR]

by kuritaro5431 | 2009-05-02 17:02